スタッフブログ|ニューカレドニアのダイビングサービス ALIZE(アリゼ)

ALIZE WEB

ニューカレドニアのダイビングサービス ALIZE(アリゼ)

スタッフブログ

スタッフブログ

ALIZE HOME >スタッフブログ >パス・ドゥ・ブーラリ・アウト

パス・ドゥ・ブーラリ・アウト
2012.11.01 Writer :Hironori KASHIYAMA 
_DSF0384 !.jpg

睨み合い。敵対する者同士、互いに相手の付き入る隙を探りながら対峙する様子。自然界の食物連鎖の中で、食うか食われるかの瞬間の睨み合いが行われていた。岩に擬態するワモンダコとそれを見破り狙うシロブチハタの壮絶な闘いの序章。
うねりが多少残る海況の中、リピーターゲストのフランス人と共にパス・ドゥ・ブーラリ・アウトへ。リーフの内側から外側にかけての潮に乗りながら、フィッシュウォッチング。マダラトビエイやグレイリーフシャーク、ナポレオンなどの大物を見ながらエキジットポイントへと到着する。
そこでマンタ待ちをしているときに、ふと足下を見てみるとシロブチハタを発見。普段は特に気にしないが、今日はなんとなく気になりカメラを向ける。シロブチハタの目線の先を見ると岩に擬態しているワモンダコを発見。互いに睨み合い、相手の隙を探っている様子。補食しようとするシロブチハタと擬態してその場をやり過ごそうとするワモンダコ。3分ほど続いた膠着状態はシロブチハタの目をかいくぐり、その場を脱出したワモンダコによって破られた。見事危機を脱出したワモンダコが次の隠れ場に着くと、今度はスジアラが近づいてきた。エキジット時間になり安全停止をするため水深を上げたが、この後もワモンダコの闘いは続いていた。
試練の瞬間が続くワモンダコはこれまでも数々の死線をくぐり抜けて強くいきてきたのであろう。弱肉強食の世界、食物連鎖のドラマが繰り広げられるこの海で、明日も別のドラマを見つけに海へ出ます。

天候: 晴れ
風: 東 10kt/h
波高: 1.0m
気温: 24℃
水温: 24℃
透明度: 15m
流れ: 0.15kt/h
干潮: 02h57 0.30m, 15h29 0.60m
満潮: 15h29 1.55m, 21h13 1.35m

Next 「はじめましての、ニューカレドニアっす!

Previous 「テパバ

www.alizedive.com 2011