スタッフブログ|ニューカレドニアのダイビングサービス ALIZE(アリゼ)

ALIZE WEB

ニューカレドニアのダイビングサービス ALIZE(アリゼ)

スタッフブログ

スタッフブログ

ALIZE HOME >スタッフブログ >パス・ドゥ・ブーラリ・イン

パス・ドゥ・ブーラリ・イン
2012.11.08 Writer :Satoshi MASUDA 
Brassy Cardinalfish 2.JPG

日本シリーズが終了し、これからトレードやFAで移籍する選手の動向が気になる時期になってきました。そして忘れてはいけない来年開催のワールドベースボールクラシック。話題が尽きない今年のプロ野球です。
それはさておき水中ももちろん話題が満載です。
今月に入ってからエレガントゴビーの幼魚、ホワイトレイズサージャント、ロクセンスズメダイの繁殖、子育てなどのネタが豊富です。 このポイントでは、写真で紹介しているテンジクダイ科のBrassy Cardinalfishとアオスジテンジクダイが口の中に卵をたくさん抱えて子育てに奮闘中です。 テンジクダイ科の魚はオスが口内保育といわれる、口の中で卵を育てるという変わった子育てをします。メスが産む付着糸でつながった塊の卵をオスが素早く受精させて自分の口の中に加えこみ子育てを開始。
卵を口いっぱいにほおばったオスの顎は外に大きく張り出しているので、大事なものをかかえこんでいる様相です。卵が孵化するまでの間、オスは餌を取らずに口の中に入った卵塊を頻繁に回転させて新鮮な海水が供給されるように心がけているそうです。口の中で孵化した小さな子どもたちは大海原へと旅立っていきます。厳しい世界で成魚になれるのはごく僅か。今日もたくさんの小さな魚が水中を漂っていました。

天候: 晴れ
風: 南東, 13kt/h
波高: 0.8m
気温: 25℃
水温: 24℃
透明度: 15m
流れ: 0.1kt/h
干潮: 08h04 0.65m, 21h33 0.70m
満潮: 01h55 1.10m, 14h58 1.35m

Next 「パス・ドゥ・ブーラリ・アウト

Previous 「ニューカレドニアから緊急連絡!オス!オス!

www.alizedive.com 2011