ALIZE NewBlog
NewCaledonia
ファンダイビング

魅惑のカナール島

今日は1本目にテパバに入れましたが、徐々に風が上がってきたので最近定番化しつつあるカナール島へ行きました。
カナール島といえばヌメアからボートで5分の島。きれいなサンゴがビーチからすぐそばにあります。ダイビングするときはビーチから200mほど離れた場所のブイを取りその下の水草エリアを散策します。


ホオベニモウミウシ(牛みたいな顔でとても可愛い)


オオアリモウミウシ属の1種


ヤツシハゼの1種

広範囲に様々な種類の水草が生い茂っており、そこをホストにする生物が多数おります。
扇形の海草を探ると可愛いホホベニモウミウシが見つかります。ライトをとても嫌がるので、そのまま見て撮影するのがポイントです。年末年始の強風が功を奏してというべきなのか、新たな発見があり災い転じて福となすとなりました。

1本目 テパバ
イレズミミジンベニハゼ、ギンガメアジ、バラクーダ、アオウミガメ、エレガントゴビー等
2本目 カナール島
ホホベニモウミウシ、ヤツシハゼの仲間、ムラサメハゼ、オキスズメダイ等

天候 晴れ
E 20kt/h
月齢 29.7(中潮)
波高 0.3m
流れ 0.1kt/h
気温 28℃
水温 26℃
干潮 01h32 0.34m / 14h23 0.69m
満潮 08h08 1.60m / 19h46 1.39m
ABOUT ME
アバター
masuda
※2019年6月をもって退職
Reservation